みんなでサイエンス!

東京都23区内にはアブラコウモリが生息しています。でも見たことがある人はどれだけいるでしょうか?

アブラコウモリは都会でも普通に生息していると言われていますが、それは本当でしょうか。それを検証するのが東京コウモリ探検隊!の第1の目標です。
アブラコウモリは確かに東京23区に多数生息しています。しかし、どこででも見つかるというわけではないことがわかってきました。
この調査は23区のすみずみまで調べなければなりません。それには多くの方々の参加が必要です。ぜひあなたもご参加ください。

みんなでサイエンスしましょう!


世間ではポケモンGOがはやっているようですが、私はと言えばあちこち歩き回ってリアルにアブラコウモリを探索しています。ポケモンGOよりもこちらの方がずっと意味があることですよ〜。ぜひ東京コウモリ探検隊!にご参加ください。


[お知らせ]第9回ニコニコ学会βの動画が公開されています。
動画:宮本の登場シーンから
動画:マッドネスマックスの冒頭から(2時間以上あります)


●[計画]東京コウモリ探検隊!2016年調査計画書[HTML]

●[途中経過]中央区、江東区の攻略はだいたい完了、港区も攻略中です。

2013〜2015年 観察地点地図

Googleマップが開きます。

これまでのアブラコウモリ観察地点をGoogleマップで公開しました。アブラコウモリ観察の参考にしてください。

※ほとんどが宮本(隊長)による観察です。

※プライバシーの問題から表示していない地点があります。定点観察地点はその年の最初の報告のみ掲載しています。そのため欠番があります。

Project : Tokyo Bat Point

コウモリを観察できる場所をGoogleマップで紹介しています。

Googleマップ掲載リストです。ストリートビューにリンクしていますので、コウモリ観察の現場の様子がわかりやすでしょう。

※リスト作成がなかなかできないので、Googleマップの私の投稿画面をご覧ください。「クチコミ」(review)ではコウモリ観察地点のみを取り上げています。「写真」はコウモリ観察地点以外も含まれていますのでご注意ください。どちらもコウモリ関連なら「#TokyoBatPoint」の表記があります。「写真」の画像中にも「TokyoBatPoint」であることがわかるモノが写っています。

初期の選定案です。26ヶ所を選定しています。

当初の計画案です。

これまでの記録

2015年の計画と結果

●[結果報告]東京コウモリ探検隊!2015年調査報告書[HTML]

●[計画]東京コウモリ探検隊!2015年調査計画書[HTML]


●読み物

コウモリの観察方法などについて、「いきもの通信」に書いているものを紹介します。

バットディテクターを使ってみたら川は超音波に満ちあふれていた

コウモリ観察にナイトビジョンは使えるか?[結論]使えません!

帰宅エクストリームでコウモリ観察

アブラコウモリは狭い空間を飛べるのか?

アブラコウモリの超音波を録音してみた。そして長時間録音してみると…

バットディテクターでコウモリ以外の超音波を探してみた


2014年の計画と結果

●[結果報告]東京コウモリ探検隊!2014年調査報告書[HTML]

●[計画]東京コウモリ探検隊!2014年調査計画書[HTML]


2013年の計画と結果

東京都23区アブラコウモリ生息調査報告書(2013年版)[HTML]

[ePub]iBooks(1.0.1、Mac OS X 10.9で動作確認)

東京コウモリ調査(2013年)(計画)

2013年より東京都23区でのアブラコウモリ調査を開始しました。

超音波と超音波騒音

宮本(隊長)はコウモリ探索も行ないながら、その他の超音波発生源も調べています。いわゆる「電波系(笑)」ではなく、きちんと科学的に説明できるものです。ここでは超音波とさまざまな発生源について解説します。

超音波と超音波騒音

メディア紹介

●2015年8月1日、日本経済新聞(夕刊)のコラム「うたた寝」で紹介されました。

●2015年4月25〜26日、第8回ニコニコ学会β(ニコニコ超会議2015内開催)のポスターセッションで展示しました。

●2014年8月27日、読売新聞(東京版)で東京コウモリ探検隊!が紹介されました。

おまけデータ

おまけデータです。

iPhoneやiPad向けのおまけデータです。

連絡先

連絡先はこのメールアドレスです。

miyamoto.takumi%gmail.com

[迷惑メール対策用にメールアドレスを一部改変しています。「%」は「@」に置き換えて下さい]

Google+のページはこちら。随時情報を掲載しています。

<広告欄>